自由への道 Road that branches to freedom.
「幸福への道」TOP Rord to happiness
「幸福への道」Rord to happiness
◇合言葉【世界は一つ】、それは、「幸福への道を」を選択する行動(実践活動)です。
The motto (One World) is action (practice activity) to choose "Rord that branches to happiness".
〔キーワード : Keyword〕〔合言葉【世界は一つ】、それは、「幸福への道を」を選択する行動(実践活動)です。
The motto (One World) is action (practice activity) to choose "Rord that branches to happiness".〕

◇幸福への道 Rord to happiness.
それは、「二元論思想、宗教の悲劇」を救う道です。
It is the way to save the dualism "tragedy of thought and religion".
それは、「安寧」を約束します。
It promises "realization of Public peace".

「自由・平等」は、二元論思想宗教だけの概念です。
[Freedom Equality] is a concept of dualism thought religion only.
「聖書宗教の神」は、ヒトの「嫉妬心」を奪い去りました。
The "God of Bible religion" has taken away the human "Jealousy".
「嫉妬心」は、ヒトの感情の根幹です。二元論の神は、その根幹を奪ったのです。
Jealousy is the root of human emotions. God of dualism has taken its roots from humans.
 なので、ヒトは、感情によつて織りなす「品位(礼儀、道徳、良心)」も喪失しました。ヒトは、性倫理(貞操観念)も喪失しました。羞恥心も、失いました。
Therefore, humans have also lost the "quality (courtesy, morality, conscience)" that weaves through emotions. Humans also lost sexual ethics (= chastity). Humans also lost a sense of shame.
 このようなことから、「自由(選択の自由)、平等(公平感)」について、議論することは、ナンセンスなのです。
For this reason, it is nonsense to discuss "freedom (freedom of choice), equality (Sense of fairness)".
「自由・平等」、それは人々を愚弄する言葉です。それは人々を誑かす言葉です。
"Freedom and equality" is a word that fools people. It's a word that tricks people.

 では、何故「嫉妬神」が誕生したのか?
So why was the "Jealous God" born?

 昔、地中海地方を干ばつが時々襲い、人々は、飢えに苦しんでいた。
In the old days, droughts sometimes hit the Mediterranean, and people suffered from hunger.
 その頃、ユダヤ民族は、司祭の役目を担っていた。
At that time, the Jewish people played the role of priests.
 ユダヤ司祭たちは、その役目を果たすために、代々神学を研鑽していました。
Jewish priests studied theology for generations to fulfill their role.
   ユダヤ司祭は、賢人として人々から敬われていましたが、彼等は、天の神に「降雨」を祈願しても、天神は、司祭の請願を聞いてくれなくなりました。
The Jewish priests were respected by people as sages, but even if they prayed for "rainfall" to Heaven god, Heaven no longer heard the priest's petition.
 人々は、「天神は、気まぐれな神(嫉妬深い神)だ」と噂するようになりました。
People began to rumor that "Heaven is a whimsical god(Jealous god)".
 ユダヤ司祭が熱心に祈願しても天神は、応じてくれなくなってきたので、人々は、次第に司祭を疎んずるようになりました。
Even though the Jewish priests eagerly prayed, Heaven no longer responded, so people began to alienate priests.
 ユダヤ司祭たちは、やがて、人々から虐められ、ユダヤ民族は、世界の各地へと離散しなければなりませんでした。
he Jewish priests were eventually abused by the people and Jewish people had to be scattered all over the world.
 離散した賢い彼等は、人々へ復讐することを謀略しました。
They who was discrete and wise devised to revenge on people.

 彼等は、聖書記者になって、自分たちだけが有利になるような、「聖書(物語)」を記述しました。
They became Bible reporters and wrote Bible(story), so that only themselves are in favor of.

 即ち、That is.
@「嫉妬深い神」は、ユダヤ民族だけを救済する。
Jealous God saves only the Jewish people.
A「ユダヤ民族」は、神の名において、人々を支配することが出来る。
Jewish people can dominate people in the name of God.
Bそのためには、ユダヤ民族は、二元論に準拠する「本性否定」「自虐」「信仰告白」を果たさなければならない。つまり、ユダヤ民族は、神に「感情」を貢献しました。
To that end, the Jewish people must fulfill Denial of nature, "asochism" , "confession of faith" that conform to dualism. In other words, the Jewish people contributed "feelings" to God.
Cこれらの行為は、ヒトの道に背くことなので、ユダヤ民族は、「宗教指導者による」指導管理体制が重要視されています。
Since these acts are against human way of life, Judaic people place importance on the "religious leader" Guidance management system.
Dさて、そうしますと、
「二元論聖書物語」は、悲劇だと思いたくなります。
Well then, I want to think that "the dualism Bible story" is a tragedy.


<幸福への道 Rord to happiness Menu

Morly-Menu


return

Copyright c 2019 Green&Lucky Net, All Rights Reserved.