GLN SOH
心道論アラカルト「霊魂よ、どこへ行く」

霊魂よ、どこへ行く⇒時処位⇒霊星(アイコンスター Icon star)
時処位の体現
ウラオモテと時処位

@「霊魂よ、どこへ行く」、ウラオモテと時処位
 森羅万象、この世界のモノ[生命・思想・パラダイム(枠組み・規範)にはウラオモテ(裏表)があ る]
キーワード:習合の世界にはウラオモテが共存する
 ウラオモテを巧みに操って収め、人間本来の幸福を指向しようとすることに収斂された言葉が日本のことわざであろうキリスト教にも、イスラム教にも世界の各地にそれぞれことわざがある(ことわざは単に言葉の遊びであってはいけない、人間の本性を体現したものでなければならない)即ち、これが日本の和、習合思想であろう
 それを人間にたとえなら、明るい時は活動(修練、勤労、娯楽レジャー)、暗い時は休養(修養、養成、発酵、消化)
キーワード 日本のことわざ「娘が姑になる」
キーワード「昼はやがて夜になり夜はやがて昼になる」
キーワード「玉琢かざれば、器を成さず 磨かざれば、光なし」


◆自力思想としての霊星(アイコンスター・シンボルスター・マイスター・マイラッキースター)
◆あれが私の霊だ。「霊星(それは、GLNホームページを広めること)」だ。
キーワード(お題目)のいろいろ
あ アイコンスター
か かがやいた
さ 燦燦と輝く星たちよ
た 訪ねて行こう
な 何億何千の中から
は 浜の真砂と繋がっている
ま マイスター
や やがて見つかるマイラッキースター
ら ラッキーな星たちよやがて見つかる
わ 私のシンボルスター

B時処位とはA、時処位とはB
時処位とはA
時処位とはB

B霊の活動、それは、霊星の役目だ
「霊星=神」だ。
 宇宙に存在する。「星」のうち、
霊星とは自分の自力の目標として、任意に見定めた星(神)のことで(星座などを含む)。
従前のの名称や物語などの説話)に関係なく、任意に文言を付加することができる。

 人間の一挙手一投足の指令は、脳神経が伝える、記憶すること、考えること、それらを調整したり、取りまとめること、人間として、人間らしい人格を形成するのも、脳神経の役割に委ねられる、この伝令は電磁波によることも解明されている。古代においては、このこと(脳神経の働き)は、想像はされていただろうが、それは、電磁波だとの考えには至らなかったでしょう、古代は、頭脳のひらめきなどは、霊魂の仕業との考えがあったでしょう、このことから、人間死ねば、遺骸から霊魂が分離してしまうという概念も大勢を占めるようになった、つまり、死者は三途の川を渡って冥途へ旅立つとかなど、世間や世界では通用しないお金を死者に添えて埋葬したりする。
 一方仏教では、地獄の審判を経て、生前の善行に応じて、曼荼羅の世界へ(格納(安住させられ)される。つまり、このことは霊魂の処遇のことであることは察しがつく。そのように考えると、それは、ヒトの電磁波の遍歴そのものと理解できる。
 ところで、日本の土壌は普通は酸性を呈しているので、遺骨は何時か(数千年後)は、分解され、無くなってしまう。つまり、父母など一族の墓地には、構造物である石碑だけが、残存されているだけだ。後進の私達は、墓参とは、単なる石碑を拝むことになり、死者の霊を弔うことの意味が無いことになろう。
 死人の生前の偉業を帯びた霊魂は、霊星にたどり着いていると考えられるのである。私達の一族や縁故者は数世紀経過すると世界中へ散らばって行く。そうなるとその都度墓参することは、ほぼ不可能になる。たとえ墓参しても墓には遺骨は無く、石碑のみだ、さてそこで、墓の現状をリアルタイムでその映像を世界に発信することで、インターネットで墓参することができる。
 パソコンの画面に祖先の墓地を映し出し、マイアイコンスターたる祖先の霊星を望みながら遙拝することが可能なのだ。「正に千の風に言う、墓には祖先(その人の祖先の霊)はいないのだ」。

 例えばA君が南十字星を自分のアイコンスターと見定めた場合、A君は人々に素敵な指針を与えたいと念願している

生きがいの目標
キーワード:君が君の目標として選んだアイコンスターはその理由と文言の数々は、君に生きがいと喜びを与えてくれるであろう。
キーワード:初心に帰れ君の夢

生きがいの意味「深みのある満足」:ある目標を立て、その目標達成するために努力(精励)することは、たとえそれがてつもなく辛苦なものであっても、それはその人の心に残るものであり、楽しい思い出として最も生きがいのある人生を刻むことができるであろう

C時処位の体現
 それは、野球だ
【野球】は、2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う。ルールは公認野球規則に基づいている。
【試合形式】
 攻撃側は、相手チームの投手が投げたボールを打って、一塁・二塁・三塁・本塁をまわることで得点を得る。守備側は相手チームの走者が本塁に到達しないように走者をアウトにする。相手チームの選手を3人アウトにできれば、攻撃に移ることができる。攻撃と守備の一巡はイニングと呼ばれる。一試合は9イニングからなり、得点の合計が多いチームが勝者となる。両者の得点が等しい場合は、延長戦を行う、引き分けとするなどルール体系によって対応が分かれる。
 試合の目的は「勝つこと」であり、公認野球規則1.02に「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。」と明記されている。規則書に「勝つことを目的とする」と明確に表記されていることが野球ルールの際立った特徴の一つでもある。

霊星「アイコンスター」の仕組み How "Icon Star" works

用語の定義 Definition of terms
@宇宙から降り注ぐ電磁波(網)
Electromagnetic wave falling from outer Cosmos (net) = CEw.
A地球上の万物が宇宙へ向かって発出する電磁波(網)
 All things on the earth, electromagnetic waves (net) emitted toward Cosmos.= AEw.
B無機物が宇宙へ向かって発出する電磁波(網)
Electromagnetic waves (net) emitted by inorganic matter toward Cosmos.= MEw.
C生物が宇宙へ向かって発出する電磁波(網)
Electromagnetic waves (network) emitted by organisms toward Cosmos.= OEw.
D人間の頭脳が宇宙へ向かって発出する電磁波(網)
Electromagnetic wave (net) emitted by the human brain toward Cosmos.= BEw.

 まず、私達は、それぞれ、自分自身の分身というべき「生きがい(満足感を達成する目標)」として、宇宙空間にある任意の「星(星座など)」を見定めておくこととする。
First of all, we shall decide any "star (constellation, etc.)" in Cosmos as "the reason for living (a goal to achieve Gratification" to be called our own alter ego.
 地球上の万物は、その組成の仕方によって、それぞれ固有の電磁波を発出し、宇宙から降り注ぐ電磁波と呼応し合って、それぞれの個体(物質)を主張している。
Everything on the planet emits unique electromagnetic waves depending on their composition, in agreement with electromagnetic waves descending from Cosmos, claiming each individual (substance).
 即ち、植物なら、生長点は、宇宙へ向かって(上方へ向かって)伸長しようとする。
That is, if it is a plant, the growing point tries to extend toward Cosmos (upward).
 人間は、脳神経細胞が植物の生長点のように、人間に相応しい身体(人体)に成長するように(個性としての正常な人間に成長するように)、増殖しながら、脳細胞から発出した指令は電磁波となって、人体に張り巡られている神経網(神経ネットワーク)を伝って人体の各部へ伝達する。
Human beings are told that directive from brain cells while proliferating, so that brain nerve cells grow like a plant's growth point into a body (human body) suitable for human beings (to grow into a normal person as individuality) Becomes an electromagnetic wave, and it is transmitted to each part of the human body through a neural network (nerve network) tightly surrounded by the human body.
 BEwの仕組みは、CEwと呼応しているので、CEwの仕組みが解明されない限り、BEwの謎(=霊魂)も解明されません。
Since the mechanism of BEw is in agreement with CEw, the mystery (= spirit) of BEw is not elucidated unless the mechanism of CEw is elucidated.
 即ち、霊魂たる人体のネットワークは、このことが解明されない限り、永遠の課題として(議論の対象として)存続するであろう。
That is, the network of the human being that is a soul will survive as an eternal task (subject to discussion) unless this is elucidated.
 即ち、人体から発出されたBEwは、人体の成長に比例して成長増殖する。
That is, BEw emitted from the human body grows in proportion to the growth of the human body.
 生前に見定めた星が、自分自身の性格と似通っている(呼応関係が好ましい状態・満足すべき生きがいの目標)場合、死後、BEwの発出が途絶えて、人体から遊離したBEw(霊魂)は、当該宇宙に遊泳しているとの考えに至ることは自然である。
BEw (spirit), which was released from the human body after the death, when BEw ceased to exist, is deemed to be similar to its own personality, if the star we saw before her life is similar to her own personality (the state in which the correspondence relationship is preferable and the goal of gratification the reason for living ) It is natural to lead the idea that you are swimming in Cosmos.
 遊泳している霊魂は、生前における「生きがいの目標となる満足感」の程度に応じて、後進の霊魂と交感し合うとの考えに至るのも自然の成り行きである。
The spirit of swimming is the natural course that leads to the idea of sympathizing with the junior spirit according to the degree of "Gratification" which is the goal of the reason for living while living.

 川原の「石ころ」はそれなりに、ヨシ原の「ヨシ」はそれなりに、水辺に遊ぶ「カエル」はそれなりにAEwを発出しながら、対応するCWeとそれぞれ呼応しながら、自己主張しているのである。
Dry riverbed's "a stone", as it is, "a reed" of reed bed as it is, "a frog" which plays on the waterfront, while releasing AEw as it is, asserts while corresponding with the corresponding CWe, respectively.


[バック]